Skip to content

embroidery~

開催期間:2018年3月21日 〜 3月26日
11:00〜19:00(初日:12:00開廊/最終日:17:00閉廊)

今回展示するのは、女子美術大学の刺繍コース卒業生・在学生の四名です。
日本刺繍や、マシン刺繍などを取り入れた着物、パネル、タペストリー、スカーフなど展示します。
個性光る若手ならではの感性で制作された作品です。

ぜひ、お近くで新たな刺繍の表現方法をぜひご覧下さい。当日は作品販売も行います。

作家プロフィール

牟田有沙
1991年生まれ。
2015年 女子美術大学芸術学部 デザイン・工芸学科 工芸専攻 刺繍コース卒。三軌会会員。
さまざまな繊維素材をミシンと手で繍い綴り、自然界にある生命の煌めきを表現することを目指しています。
鎌田ゆり
1995年生まれ。2017年 女子美術大学 芸術学部 デザイン・工芸学科 工芸専攻 刺繍コース 卒業。
同大学大学院 博士前期課程 美術専攻(刺繍)在学中。
紗に平金糸と絹糸で刺繍をする竹屋町という技法を研究し、着物を制作しています。

藤田千鶴
1992年生まれ。2017年女子美術大学大学院 博士前期課程美術専攻(刺繍)修了。
絹や麻生地、インクジェットプリントした生地に、日本刺繍やマシン刺繍を使用しポップでリリカルな色彩で
布に関連するあらゆる物を制作しています。
野口少希衣
1995年生まれ。
2017年 女子美術大学芸術学部 デザイン・工芸学科 工芸専攻 刺繍コース卒。
絹や綿を使用した日本刺繍に、奇妙で繊細な世界観を中心とした作品を制作しています。

2018年のイベント