青山・表参道の貸画廊 神宮前ギャラリー

ALISA HORITA グラスペイント展

ALISA HORITA グラスペイント展

開催期間:2019年11月15日〜11月17日
11:00〜19:00
(最終日17:00まで)

ガラス製の器や食器に絵付けを行ったグラスペイントの作品展です。ALISA HORITAさんの初個展となります。

ALISA HORITA作品1 The Scent of Wisteria

作家メッセージ

ガラス製の器や食器に絵付けをすることをグラスペイント/グラスペインティングと呼び、東ヨーロッパでは古くから親しまれています。
町のお土産屋さんにも食器や瓶に可愛いペイントが施されている作品をよく見かけます。
ガラスに描く絵は、教会のステンドグラスを連想させることもあり、安産祈願も兼ねて母が子供を抱き上げる絵 ”Mama and Baby” を描いたことが私のグラスペイントを始めるきっかけとなりました。
今回、日本ではあまり目にすることのないグラスペイント作品を多くの方に見ていただきたく、初めて個展を開催することとなりました。
異国を旅して、小さなお土産屋さんに入るような感覚で訪れていただけると嬉しいです。皆さんの心の中で自分だけの物語を作っていただきながらご覧ください。

作家プロフィール

ALISA HORITA
1986年、大阪に生まれる。
ポーランド人の父と日本人の母を持つ。
生後間もなく母の故郷・函館に移り、4歳から11歳まで画家 小鳥時夫氏指導のもと、デッサン・水彩画・油絵・造形など、絵画全般を習う。その後、ポーランドのクラクフで過ごし、初めてグラスペイントに出会う。
帰国後も絵は描き続けるものの、文系の大学に進学し美術とは無縁の職業につく。
次女を妊娠中に、ふとクラクフのお土産屋で見た青いワインボトルに描かれた絵を思い出し、2017年9月本格的にグラスペイントを開始。
フランスの老舗絵具会社Pébéoの主催する、Pébéo Art Prize 2019 に入選。
ロンドンのMenier Gallery(メニエールギャラリー)にてグラスペイント作品”The Scent of Wisteria”が展示される。
Web&SNS
alisah625

ALISA HORITA作品2

2019.10.2投稿

開催中

予告

レンタルについて

イベント情報